おせち料理情報紹介サイト

おせち料理とは日本でも長く愛されてきた料理だと思いますが、現代ではその愛が消えつつあります。

off
2014年11月15日

おせちに加えたい和風のもの

おせち料理とは日本の文化の中でも伝統的なものです。

一年の始めである元旦の日に食べられ、祝いものとしても食べられます。

ですが、そんなおせち料理を昔の人は愛して食べていたのでしょうか。

答えは多分YESでしょう。

昔は今と違い、おせち料理を高級としていました。

もちろん、今のようにおいしいハンバーガーもありませんし、えびちりだって、カレーライスだって、牛丼だってありません。

牛丼に関しては似たようなものはあったかもしれませんが、それでも同じような味付けではありませんし、めったに食べられるものでもなかったでしょう。

《おせち料理の秘訣について詳しくはココ⇒http://royal-dissertation.com/

そんなおせち料理ですが、現代ではどうでしょうか。

昔と比べると明らかにすかれていません。

食べ物が古臭いという人もいれば、単純に好きじゃないという人もいます。

そうなんです。

現代人からしたらおせち料理はあまり好まれていません。

そのため、お正月が来ても特にものすごく喜ばれるわけでもない存在におせち料理はなってしまったのです。

そんな時に、もしくわえることができたらおせち料理が今よりもっと好まれるであろう料理を本日は紹介したいと思います。

要は、現代人は和風限定の場合、日常的に食べられるものがいいのです。

例えば、ジャガイモの煮付けや肉じゃが、小さなカレーライスや、豚の角煮。

このように日常的に食べられて、しかも永遠に愛され続ける料理が実はもっとも人々がおせち料理に入ってて喜ばれる料理だったのです。

ご家庭でおせち料理を作る場合は、是非一度重箱に盛り込んでみてはいかがでしょうか。